きらの里 お部屋編

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8

イメージ 8

今日はこの前泊まったきらの里の様子をご紹介します。

のんびり小町の宿になっているので、(女性のみのJRとのタイアップツアー)女性団体が
多く、お風呂は何時も人がいっぱい。おまけに子供も多かったので、静かな宿とは言いがたかった。
宿は、個人用のうみ蛍、旅籠八幡野、別邸山の音、離れ竹ぶえ、の4つの区画に分かれています。
どの部屋になるかお楽しみのプランだったのですが、安い値段だったので、やっぱり旅籠八幡野でした。
妹が別邸山の音に泊まって、マッサージ機、コーヒーミルがあると聞いていましたが、八幡野には
ありませんでした。がっくり・・・。
旅籠の風情をかもし出した部屋にしているみたいですが、結構普通な感じでした。
部屋はふた間続きの上、通路とか広くとってあります。そのせいか寒い・・。
冷蔵庫にはお水とウーロン茶が無料でついてます。入れるスペースも広く。
持ち込みOK?な感じでした。
寝巻きはフロントで浴衣か作務衣を選べます。両方貸してくれるといいな。
庭は広くブランコがおいてあったり、うさぎがいたり、田んぼやかかしがあったり、
田舎を思わせる感じで、子供が喜びそう。(だから子連れが多い気が・・)
部屋数も多いので、予約はとりやすかったのですが、私は部屋数の少ない宿がいいかな。
きらの里は、どの部屋も二万円以上するので、どうせなら、静かにすごせる露天付客室の離れ竹ふえが
お勧めです。(泊まってませんけど)
ただ、雨が降っていたので、お風呂や食事どころには、八幡野が一番近くて便利でした。
何だか文句っぽくなってますが、概ね過ごしやすい宿でした。

コメント

非公開コメント

プロフィール

えつたろう

ヤフーブログからお引っ越ししました。

月別アーカイブ